いつもあなたを守ってる


創作: 耳飾 2

  1. 2009/01/31(土) 00:47:31_
  2. 耳飾
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
 マジメに仕事してます。
 どこで大臣と接触させようかとネタを考えていたとき、ニュースで国会関係を見て思いつきました。
 時々テレビに映る議員以外の大量の人たちのお仕事・・・。


創作: 耳飾 1

  1. 2009/01/29(木) 23:50:00_
  2. 耳飾
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
 また、しょーもない話を作ってしまいました。
 すいません、すいません、すいません。
 先に謝ります。
 人命がかかった大変な事態なのに、まったく緊迫感に欠けております。


2009 ACT.1 事件 その5

  1. 2009/01/26(月) 12:55:50_
  2. 2009
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
事件メモ その5です。
(ま、まだやるのか・・・とりあえず、終わりです)

次号の紹介文は、
-愛する人を奪われた人々の思い。
 「過去」の「過ち」は「去」らず、「今」生きている者を苦しめる。-

 読んだだけで、うるうる来ます。これ、毎号毎号、誰が考えるんでしょうか。作者でしょうか、出版社の担当さんでしょうか。いつも、感慨深いんですけど。

 そして、「今、生きている者」それは千堂外相であり、薪さんでしょう。
 薪さあぁぁあ~ん 。・゚・(ノД`)・゚・。

 で、薪さんはちょっと置いときます(←置くな! よりによって薪さんを!)

※ちょっと追記しました。






鈴木克洋 1-2

  1. 2009/01/24(土) 00:36:33_
  2. 原作考察・雑記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:9
 鈴木克洋1-2
 95%妄想です。




鈴木克洋 1

  1. 2009/01/23(金) 00:05:36_
  2. 原作考察・雑記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
 創作:「写真」を読んでくださってありがとうございました。
 タイトルを鈴木にしたのですが、あとがきみたいなものです。

 2月号で、青木の携帯がなったときの薪さんの、あの「三好雪子からだ・・・」という顔と、4巻で薪さんが自室で写真を見ているときの表情に似ているものを感じました。
 2月号では嫉妬とも寂しさ、4巻では寂しさと諦め。そして、あるいはもっとたくさんの感情。

 それで、写真を見ているうちに、この写真を知っているのは三人だけなのか、誰かが他の人に写真を見せながら話をしたことはないのだろうか、と考えだして。
 妄想が広がりました。
 以下、全部妄想です。

 (カテゴリの分別ってちょっと考える。原作と妄想が混じっているときは)




創作: 写真 5

  1. 2009/01/21(水) 00:17:39_
  2. 写真
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10
「写真」 最後です。




創作: 写真 4

  1. 2009/01/20(火) 01:15:04_
  2. 写真
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
 「写真」 続きです。
 

創作: 写真 3

  1. 2009/01/18(日) 15:59:12_
  2. 写真
  3. _ tb:0
  4. _ comment:8
 「写真」  続きです。


創作: 写真 2

  1. 2009/01/18(日) 15:33:40_
  2. 写真
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
「写真」   続きです。


創作: 写真 1

  1. 2009/01/18(日) 00:36:31_
  2. 写真
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
 2月号の、電話がなったときの薪さんを見ていたら、2007で写真を見ている薪さんを思い出し、その写真を見ながら、
 この写真は、いつごろ撮られたものなんだろう。
 三人の他に、誰かこの写真を知っている人がいるだろうか。
 という想いから生まれました。

 主人公はオリジナルキャラクターです。

 かなり迷ったのですが、意を決してさらし者にすることにしました。







NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP