FC2ブログ

いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


END GAME ACT.8 感想その4

  1. 2012/01/21(土) 15:47:25_
  2. END GAME 2012
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
2月号のネタバレありです。

警備部長(警視庁)をなぜか、警備局長(警察庁)と読み間違えていた部下Yです。
感想読んで変だと思った方、ごめんなさいーっ。

読み違いに気がつくと、その原因がなんだったのかすでに分かりません(@@


なんだか、おじさんがいっぱいになっちゃって、スーツのおじさんたちとドロボウが走り回るマンガみたいになってきましたが・・・。
私は好きです(^^)

やっぱり、年なんで、常識知らずのコドモが好き勝手する話よりも、いい年したオトナが常識破りに葛藤する話のほうが、面白いんですよね←秘密のどこがそうなの?


おじさんが多すぎるので、整理してみました。
記事、長すぎ注意です・・・・・・。


 
 




だいたい、偉い(と思われる)順です。


☆かっぱおじさん・・・・・・射撃練習場で密会した、薪さんが信頼するお方。囮作戦の代表として、少数精鋭極秘メンバーで悪のしっぽ探しに奔走中(のはず)。部下Yは、薪さんの身の安全を気にする警察庁長官ではないかと推察している。
 若い頃は、面長強面のイケメン兄さんだったのではないだろうかと勝手に妄想中。
 
 長官ではないかと思う理由としては、一番偉くないと薪さんを守れないという組織上の問題がある。また、今回の事件が解決した時に、悪い奴をふん捕まえるためには、身分的に有無を言わせない立場の人間でないと役に立たないという、作戦上の問題もあり。

 薪さんは、青木まで巻き込まれたとあって、一大作戦に出る決心をしたようだが、この協力者が長官という地位にあるからこそ、作戦実行可能な条件がそろったとも考えられる。かっぱおじさんが部局長クラスでは、その上に敵対者がいると、囮作戦開始と同時に横槍が入って動けなくなるだろう。作戦を予定通り進めることができると判断した条件は、青木が狙われたという時間的な切迫や、薪さんの決心だけでなく、バックアップする側の体制が十分整ったという周囲の環境が大きいのではないだろうか。

 服装は休みだったらしく、おっさんみたいな私服、というか、シャツとパンツという出で立ちが、どうもにもこうにもおっさんだった。。。
 (実は変装だったとか。頭も禿げのカツラで、実は髪があるとか)


☆警視総監・・・・・・唯一、「警視総監」ということがちゃんと分かっている方。薪さんとは長~いお付き合いとなっている。あんなに重要な役なのに、未だに氏名が不明。
 
 部下Y個人的には薪さんの味方認定しているが、チメンザール方面に関しては今のところ白黒不明。今回の囮作戦に参加しているのかも不明。出てこないことが白なのか黒なのかがそもそも分からない。しかしどちらにしろ、レベル5の内容や、チメンザール情勢との関連は理解しているはずである。

 怪しい警備部長とその上役にお縄をかけるのは、この人があの顔で1ページ使用だ!とか妄想中(^▽^) 

 服装は制服を着ているところを見たことがない。警視総監というのは、通常、スーツなのだろうか? ドラマ「踊る~」では、警視総監とか副総監とかは制服組だったような気がするんだけどなあ。

(注:偉さ的には、長官と警視総監は同列らしい)



☆国旗部屋のおっさん・・・・・・10月号では髪と眉しか出ていない。グラサン禿げの直接の雇い主。

 執務室に国旗が置いてあること、グラサン禿げが殺害した石丸大臣との関連付けから、部下Yは国家公安委員長(警察官ではなく国会議員の類)ではないかと推察中。問題は、中央省庁では、部局長クラスの部屋にも結構国旗が置いてあったりするのかもしれないのかどうなのかが分からないこと。そういう関係で検索してみても分からなかったし、知り合いもいないし、うーん分からんなあ・・・・・・。
 
 しかし、わざわざ「警察マークと国旗」を描いているということは、国旗があるということに意味があるということだ。少なくとも、大蔵大臣とか通産大臣とかではなく、警察庁関係である。

 偉いくせに殺し屋と直接繋がっているなんて、そんな叩けば埃まみれでやっていけるのかしら。せっかく偉くなったのに、ていうか、今までよくバレてないところがすごい。
 殺人もあの石丸大臣と外交官だけではないだろう。

 服装はスーツ。生地は無地タイプ。



☆ひげおやじ・・・・・・警察関係者には間違いない。そして、かなり偉い。滝沢と直接繋がっており、滝沢を警察に入り込ませた人物。

 かつて第九関連の上役だったらしく、鈴木が第九の責任体制について抗議したりしている。レベル5関連事件及びチメンザール情勢に深く(たぶん)関わっている。レベル5のデータを見ているかどうかは不明だが、イリハムがすでに殺害されて替え玉になっているような事情については把握している。

 服装は、過去も現在もスーツである(制服ではない)。また、スーツは過去も現在もヘリングボーン模様で、P45の腕は、ひげおやじである。怒鳴っているのもひげおやじだろう。



☆黒眉三白眼・・・・・・この人物は、P45で目だけ出ており、P57では「申し訳ありません」と言っている人物だろう。ひげおやじの直下にあり、滝沢に指示を出しているようだ。 

 服装:不明→制服か? 制服なら、この黒眉が警備部長かと思ったりしている。
 目だけ見ると若い感じがしないでもなく、警備部長は警視監クラスらしいので、そんなに若くもないのかなー? そこが分からない。
 なので、SAT現場隊長に指示をした人物である可能性もある。



☆警備部勤務で、SATの現場隊長に指示を出した人物・・・・・・「警備部部長からの通達だ」とSAT隊長に連絡した人物は、事件関係者でないとすると、「薪警視正を射殺しろ」という警備部長の指示をそのまま疑義なく部下に伝えるのか?  というわけで、事件関係者(敵側)であろう。 ひげおやじや黒眉たちの派閥も、結構層が厚いのだ。
 まあ大変(^^)



☆滝沢・・・・・・(おじさん扱いしてごめん) チメンザール政府(軍)から送り込まれた、というか、送り込んでもらったと、ほぼ確定。一部急進派ではないらしい。 強いて言えば、お国のために戦う捨て駒であることが、彼の主義主張。

 ひげおやじを知っている。黒眉の存在はもちろん認識しているだろう。グラサン禿げの存在は知らなかったので、国旗部屋のおっさんとの関係はいまいちわからない。

 58年2月に第九に来て、1年半もたもたしていた理由や、貝沼事件の後、3年(退院後2年半)もどこにいたのかとか、謎が多いというか意味不明なところがある。
 上部に恵まれていなかったためかな? 



☆グラサン禿げ・・・・・・年齢不明(おじさんではないかな)。 金で雇われた殺し屋以上の役割が思いつかない。
 日本人ではない。日本語は話せる。グラサンが滝沢を知っているかどうかは不明だが、今回、国旗部屋のおっさんからは薪さんのみ殺害の指示を受けており、滝沢の始末は請け負っていない(少なくとも出発時は)。 名古屋へ行けと言われたのに、仙台へ現れた。これが、青木を見つけたためか、ひげおやじ関係からの連絡が通じたのかは不明。



☆SATのヒゲさんたち・・・・・・あのヒゲさんたちは、射撃担当だろうか。突入して走り回るのは若い隊員のはず。薪さんを物陰からこっそり狙う作戦のため、おじさん、基、プロフェッショナルであると表現するための髭と思われる。

 実際、SATの遠距離射撃担当が年齢が高いのかどうかは不明。 別に、長くやればうまくなるってもんでもないだろうし。 というのもSATの解説をいくつか読んだが、どれにも「隊員は若い」ことが強調され、射撃担当が熟練者であるような説明は見つけられなかった。そんなところが少々難ありなヒゲさんたちなのだ。

 というわけで、ヒゲはともかく、青木みたいにコテコテとワックスで固めた頭に、ヘルメットをかぶるつもりかと、ヒゲよりそっちが気になるんですけど!!
 ヘルメットをかぶるなら、洗いっぱなしの短髪だろう!?


☆田城さんはどこへ行っちゃったんだろうなあ・・・? 何してるんだろ。 私は、田城さんは警視総監と通じていると思っているのですが。警視総監が出てこないんで、田城さんも雲隠れしてるのかなあ。



 各おじさんに関する疑問等々。

※国旗部屋のおっさんとひげおやじは同一人物なのだろうか? 髪と眉だけがアップになったら髭がついたとか・・・・・・前髪が違うような気もするが、同じかもしれない。同じだとすると、グラサン禿げと滝沢を同時に指示していることになる。

 滝沢と通じているということは、行き先が仙台に限定されるはずなので、グラサン禿げを名古屋にやるのはおかしい・・・。
 時間的な差かなあ。グラサン禿げは東京で青木を見かけて後をつけたのではなく、滝沢から連絡を受けた国旗部屋がグラサン禿げに行き先変更を命じた可能性もある。

 一応、スーツの柄は違っているということから、部下Yはおそらく別人だろうと考えている。マンガの登場人物というのは、いつも同じ(トーンの)服を着るものなので(薪さんも例外ではない)・・・・・・。と、急にマンガ的都合になってみたり。 


 ※岡部さんが「警備部部長を動かす人物が」と言っていることから、警備部長より上の人間はいると考えられる。この人物の身分は明らかにされていない。

 ※警視庁警備部長の階級は警視監となっている。ちなみに、警察庁の局長と同じクラスのようだ。

 ※かっぱおじさん(&警視総監?)と戦うのなら、次の人事で警視総監か警察庁長官になるくらいの人物でないと、釣り合いが取れないとか、勝手に妄想中(^▽^)

 ※部下Yは現在、2通りの仮説を立てている。一つは、ひげおやじが「警察庁の次長、官房長、警備局長あたり、または警視庁の副総監あたり」で、黒眉が「警備部長」。そうすると、「警備部長通達」をSAT現場隊長に連絡した人物がもう一人いる。

 ※もうひとつ。ひげおやじが「警備部長」だとすると、黒眉が「警備部長からの通達だ」と、SATの隊長(?)に指示した人物か? そうなると、「警備部長」を動かす人物が、もう一人、上にいる。それが、国旗部屋のおっさんの可能性あり。
しかし、それは雲隠れしている警視総監も怪しかったりするので、ちょっと悲しい(;;) もう一人、新しい悪いやつが登場しないかなー。

 ※ひげおやじは50代半ば、黒眉三白眼は40代半ばという印象。
 
 ※警備部長の通常勤務は私服か、制服か? ←調べ中だが、ちょっと分からない。制服の場合、あの目しか出てない黒眉三白眼が、首から下がどうなっているのかが気になっている。

 ※滝沢を電話で怒鳴りつけたのは誰だ? 滝沢に電話をしている最中、ひげは黒眉と会話していたようだが・・・・・・?



~~~~~~~~~~~~~~~~

 お読みいただいてありがとうございました。
 おじさん、全部書いたと思います。

 え?
 滝沢が入っているのに、岡部さんと山本と、薪さんはどうしたのか?
 だからごめんって・・・・・・(@@;



<<薪さんたちのお仕事9 | BLOG TOP | END GAME ACT.8 感想その3>>

comment

鍵拍手コメントくださったAさま

  1. 2012/01/24(火) 20:57:03 |
  2. URL |
  3. 第九の部下Y
  4. [ 編集 ]
Aさま

こんばんは。

かっぱおじさん、改め、「殿」にしたほうがいいかなとかちょっと考え中です。

>清水先生もおっさんばかり描くの嫌でしょうね(笑)

そうですか? 私は楽しくてしょうがないのではないかと思ってるんですけど・・・。
楽しくないのかなー(@@; だと、話の都合上しかたないけど、苦しいでしょうね。
あらまー。でも、楽しく読んでる読者もいるので、がんばってほしいです(^^)

>前号のグラサンに指示していた男と髭男は別人だと思うけど、滝沢が仙台にいると知っているのは髭男なんですよね。

別人説が有力でしょうか。どうも年齢と体格が似てるおじさんは困ります・・・。

>私はグラサンもウイグル人だと思ってましたが(滝沢とは対立してる)

なるほどー。
同じウイグル人としても、命令している側の派閥(?)がちょっと違う感じですよね。

>田城さん、薪さんが行方不明なことを知らないと思えないけど!?情報がリークされて総監はどう出るのでしょう!?

総監は、とりあえず、薪さんのカウンセリング情報なんか出してましたね。でも、こんな騒ぎになって、真っ先に出てくるはずの総監がいないなんて!!!


>薪さんの安否はともかく、明らかになるのは楽しみですね。考察、お疲れ様でした(^^)

ええっ!? Aさん、つい本音が出ましたね。
「薪さんの安否はともかく」
ぶははは(^▽^)
はい。私も、薪さんはともかく、そっちが興味あります。

コメントありがとうございました。

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。