FC2ブログ

いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


END GAME ACT.8 感想その7

  1. 2012/02/15(水) 01:28:12_
  2. END GAME 2012
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
では、その他の件につきまして。
 
 






 “「第九」編本編~は、今回を入れてあと3回。”

 ということは、今度の4月号と、6月号で最終回ですね。(きっともう、最後まで出来上がっちゃってるんですね)

 あああ、悲しいよおおおおうううわわわわああああんんんっっっ

 第九編じゃない秘密に薪さんがでなかったらもうどうでもいいし。たとえば、秘密の第1話みたいにね。話としてはよくても、もう、薪さんのいない清水玲子なんて、なんの価値もないよおおお←作者あっての登場人物だろ。

 というわけで、次いきます。



 表紙。
 ベッドかソファに花を散らかして、銃口を向けられている。手首には解かれた紐が絡まり、その手で銃を取ろうとしているのか。なんで自分で自分に絡まってるのかな(^^;

 銃を向けている男は、片手をベッドについて、体重をかけている。

 男の銃はベレッタのM92、薪さんのはコルトガバメント。

 で、おなかがチラ見えしているのが、エロいはずなのだが、どうにも目の錯覚か、ズボンとベルトの関係なのか、腹が出ているように見えてしょうがないのです。ごめんなさい、薪さん、許して(^^;



P7~
 青木が駆け込んできたら、血まみれだけど薪さんが生きててよかったーーーっ
 なんだか話が一足飛びに吹っ飛んでるし、一瞬、今井が死んでいるわけないから滝沢だろうけどと・・・と焦ったら、青木の夢だった。

 SATの出動は薪さんたちの計画外だそう。岡部さんが焦っている。 そして、囮捜査の件を青木に説明。
「この事は一部の幹部と第九でも俺と今井と宇野しか知らない」
 可哀想な小池と曽我、それに山本・・・。

「SATを動かしたということは、~薪さんを射殺するハラだ」
 と、岡部さん。え、そうなの?
 射殺してもいいけど(良くないけど)、後で責任取らされるのはSATを動かした当のご本人なんだけど(と思うんだけど)。だから射殺なんかしたら、芋蔓でみんな捕まると思うのだが。 ま、いいか。

 薪さん捜査担当を制する今井、かっこい~い(^^)
 がんばれ今井!

 銃を用意するSAT・・・・・・うーん、ここはどこだ? 事態は同時進行中とみたが、とっくに出動したような気もしたが、愛知県の警察の一室? SAT特製の移動トラックのようには見えないし、現場の新研究所の中なわけはないし。

 岡部さんが薪さんをすごくすごく心配している。青木には青木の思いがあるが、岡部さんには岡部さんの見てきた薪さんがあるのだ。

 それにつけても、目を見開いた薪さんがステキ。
 惚れ直してしまう。

 そして不思議の国の青木化している青木。
「あれは どんどんリアルになっていくあの夢で 薪さんの足元に転がっている死体は あれは あの顔は」

 ・・・・・・うーむ・・・・・・。
 何故おまえはそんな夢を見るのだ?
 岡部さんが「殺す殺す」言った後なら少しは分かるが、薪さんを追いかけて新幹線で居眠りしただけで、どうして薪さんが滝沢を殺すんだ? あの死体は・・・滝沢だと思ったんだろう? 何故、そんな夢を見る?

 青木は滝沢に嫉妬していた。嫉妬が疑いに繋がっていった。
 だから、薪さんが滝沢を殺せばいいと思っていたのか? なんだか失敬な奴だな!!

 鈴木の記憶に、血まみれの薪さんがいても、転がっている滝沢がいるわけないし。
 うーん、わからん。

 以前の、ただ薪さんを尊敬している青木は分かるのだが、双子の兄弟じゃあるまいに、対薪さんだとエスパーになる最近の青木には違和感を感じる。勘がよいというのとは違うと思うのだが。


P24~
 第九の新研究所の中。

 ピーっと鍵カードで入ります。なんだかハコの中も完成中。なんで完成してるんだ!! 10年後の話はどーなった!?

 ・・・不思議なのは、青木が見ていたリアルな夢と部屋が書類キャビネットや壁面のモニターまで同じことだ。そこまで同じ理由はなんだろう?  

 十字架型なのは、全国全部なのだろうか? ちょっと怖いぞ。


 確かに、損傷のない脳さえ手に入れば100人の捜査員が何ヶ月も捜査するより人的コストは安いだろう。
「貝沼事件」に続く薪さんの不祥事が「第九のスキャンダル」だと思っていたのだが、それ以外にも何かあったのだろうか。ものすごく気になるんだけど。

 滝沢は、最初こそ驚いていたが、切り替えが早い。せっかく持ってきた銃を取られてしまった(^^;

 滝沢の銃は、表紙と同じベレッタM92だと思うが、薪さんのも表紙と同じコルトガバメントだが、コルト380ガバメントと思われる。表紙もこれですね。
 ということは、表紙の男は滝沢か?

 ・・・何か複雑な気持ちだが、青木や鈴木に銃を向けられるよりはいいか。


 「薪さんの脳」までいつどこで「約束」したのだろう。つまり、薪さんの命を?
 「おまえの脳をここへ」と言われても、かぽっ、はいどうぞ、・・・ってワケにはいかないぞ。
「オレ達」って、誰? 滝沢と誰? (もしかしてグラサン禿げ? 知り合いじゃなさそうだったけど)
 そして、実は「こっちがレベル5」とか書いてあるカード型メモリ。(書いてあったらあったで、「本当にこっちがレベル5か」とか疑いそうな滝沢)


P32~
 SATが(どこかへ)到着。準備着々。そこで最終指示を仰いでいるが「射殺OK」の指示。(抵抗してくれなかったら撃っちゃいけないんだぞ~)
 警備部長の通達だそうだ。 ワルモノが1匹出ました。
 ここで、警備部長と一直線の警視総監が今回どうなっているのかすごーく気になっている。総監は白なのか黒なのか?

 レベル5の核心部分の映像に動揺する滝沢を見る薪さんの表情の変化が面白い。
 気の毒そうなうさんくさそうな(笑)

 初見では、滝沢はイリハムの死を再確認してのあの様子だと思ったが、あの現場を見たのだとも思える。滝沢が本当に36歳だとすると、20代後半の時期だ。

 薪さんのなめらかな(?)ウイグル語。薪さんは事件を受けて学習したのだろうか。

「時々何も知らない子供みたいに甘ったるいことを真顔で言うよな」
 滝沢が薪さんをバカにするのは、こんな時、というような台詞だ。

 まず、滝沢と薪さんの見ている世界の座標軸が全然違うということ。薪さんは事件を通じて個人(個人を取り巻く狭い社会)を重点的に見るし、滝沢は個人は後回しで、国単位の全体を考えるのだろう。別にどちらが良いとか悪いとかではなく、違うということだ。

 しかし、豆鉄砲をくらったような薪さんがかわいい。
 きっと、薪さんの心にずぶーっと刺さっちゃったのだろう。

 滝沢に銃をつきつけられ、「データは渡してしまったし、あとは自分がここでやられるしかない」と薪さんは本気で焦る展開だが、読んでいるほうは「ここでは絶対やられないだろう」と余裕で読んでいたりする。
 ごめんね薪さん(^^;

 滝沢は本当に、レベル5のデータ抹消が目的だったのだな。
 躊躇のない破壊だ。
 
 あ~あ、もったいない!
 鈴木のほうじゃなくて良かった(^^)


P43~
 MRIの映像というのは、見たらそれと分かるらしい。
 なんだか、レベル5の映像がウィキなんとかに流れて、大変な閲覧数になっているらしい。そして、ワルモノがちょろっと登場。ワルモノですねえ。

 「岡部さん、コレ この殺され方 もしかして」
 「わかってる わかってる 同じだ」

 殺され方は同じだ。だがしかし。

(しかしそれよりも 何よりもこれ この死体の 殺された人物の 顔 この顔)


 誰ですか!?


 滝沢が電話で怒られている。
 薪さん、間に合って良かったね。

「銃、どけろよ」
 今月の萌え台詞。アイスクリーム食べろよ、に通じるものを感じる。

 さて、滝沢は永久に完全に処分するつもりのレベル5の総てを全世界に流してしまったが、薪さん達が、滝沢が「データ処分派」だと判断したのは、どういう推理だったのだろうか。
 読んできた中では、処分派なのか、公開派なのか、判然としなかったが。


 やっぱり、レベル5のデータ全公開は、滝沢(たち)への薪さんの復讐っぽいかなあ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今日(もう、昨日だ)は、久々に仕事場が揺れました。
 ぎっちらぎっちら。

 


<<END GAME ACT.8 感想その8 | BLOG TOP | END GAME ACT.8 感想その6>>

comment

鍵拍手コメントくださったAさま

  1. 2012/02/24(金) 00:36:12 |
  2. URL |
  3. 第九の部下Y
  4. [ 編集 ]
Aさま。こんばんは

>第九編て言い方が微妙ですね。

つまり、秘密の何やらはあるということですよね。鈴木編なら楽しみですが。。。

>薪さんがいないと画面が地味過ぎて青年誌みたいになりそう(^^;)

そうです。そうです。画面が地味なところに残虐事件とか起きたら、メロディがすごいことになりそうです。

 拳銃の中ではメジャーなものですね。しかも、古いですねえ。50年後もまだ使っているとは!

>あの表紙は青木に殺される薪さんの夢という気もします。

ああ、「青木に殺されたい♪」ってやつですね。確かに、滝沢よりは、手がきれいなような気もしますねえ。

>薪さんを殺したいのなら分からないように暗殺するものだと思いますがSATなんか使ったら、バレバレですよね。

そうなんですよ。ちょっと、私としては、SATに命令したワルさんの作戦が分かりませんでした。

>グラサンならこっそり、殺せるかもしれないけど。

 そうそう。薪さんなんか、一人でふらふらしてるんだから、簡単ですよね。

岡部さんの心配はいいのですが(心配してるだけかっとも思うけど)、青木の超能力はどうしたことでしょうか?

>「だれが甘ったるいって?」の薪さん、ざまーみろ!て顔ですね(笑)

 うっかりしていると、実は薪さんは性格が悪いという事実を忘れているので、不意打ちをくらいました。

コメントありがとうございました。

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。