いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だが、みんなが不幸になるのもウソくさいもんだろう

  1. 2012/02/27(月) 23:49:40_
  2. 室長室のコーヒーポット(秘密雑記)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 清水先生、おめでとうございます。

 へえええ~。
 読書会なんていうものが、あったんですねえ。←ろくに芸術祭のHPを見ていない証拠。
 
 レポされた方、ありがとうございました。

 
 




 で、とりあえず藤本氏のツイッターから。


「・・・雪子の登場で薪さんが嫉妬を見せるようになったり、それまでにはなかった複雑な感情が出てきたので・・・」

 きっと、あおまきの方々は、「・・・雪子さんの登場で、薪さんが雪子さんに青木のことで嫉妬をみせるようになったり、青木に対する気持ちが複雑な感情を見せたり」というように解釈するのだろう。

 だが私は逆だ(@@;

「雪子さんの登場で、薪さんが青木に嫉妬を見せるようになったり、そのせいで複雑な感情を表に出すようになったので」

 清水先生は、どうも「秘密」を「青薪」(薪さん→青木)で書いていることが確実なようだが、この、どうとでもとれる解釈が未だに続いているような気がするのは気のせいだろうか・・・?



「生きること、成長することは犠牲がともなう」
 これは、どちらかというと22XXのほうなのかもしれないけれど。清水先生の根底にあるということは、やはり秘密もそうだろうと感じる要素がいっぱいだ。

 そもそも、
 30代半ばの尊敬する上司の下に来た、ペーペーだったのに、成長しなくてどうするっ!

(だが、主人公はどっちだという話とは別だ。主人公は薪さんだっ←力説)

 そして、その成長には必要な犠牲は、命だったりするそうな。(命のことが多いらしい雰囲気)

 犠牲による(残った者の)成長。それは確かにある。それがフィクションならなおさら。(ショックが大きすぎて成長するどころか、閉じこもる場合もあるので、万人向けではないと思うが)


 なんだか、色々、想像する。もし、青木が犠牲をともなって成長するとしたら?

 青木が成長するには・・・→・・・犠牲が必要。不幸が必要・・・→・・・

それはつまり実はもしかすると、青木がどんだけヘマをやらかしたかということではないだろうか!?
(どこまでも青木をいたぶる部下Y)

 例えば「オレも見たんです」とかでっかい声で言っちゃったこととか←事実

 グラサンにぶん殴られて薪さんに世話を掛けるとか←想像

 それがそもそも、後先考えずに薪さん薪さん言って飛び出してきたあげくのこととか←事実


 青木の成長は、犠牲を伴う。それは分かった。
だがその犠牲は、自らのアホさ加減に起因するものであった。しかも、我が身には何の身体的傷も負わず、何故、姉が襲われたのかというその原因は、未だに「オレが第九の捜査員だから」という程度にしか認識していない。第九の捜査員なら、ほかの先輩たちも同じ条件のはずなのに、何が違っているのかということに未だ思い至らない。

 青木は、犠牲、それも命をともなった犠牲がないと、成長できない人間だったのか。。。(´・ω・`)


 いったい何人目の前で死んだら、「どうしてオレだけが」と考えるようになるのだろうか? それがなければ、薪さんを助けに行った青木も「薪さんと一緒に危険な目に遭いたい」と思っているだけではないかと、考えてしまう。

 そして、またも同じアホを繰り返す。薪さんのことしか考えずに、東京から遠く離れて仙台へきてしまった。

 アホに起因する新たな犠牲となれば、それは、・・・。
「自分のそばにいると危険」「自分が守らなくてはならない義務」と言っていた、雪子さんと母親と姪のことを放ってきてしまった、その報い?


 薪さん、アホな青木を救えるのはあなただけですっ!

 あなたが死んだら、青木は一生アホなままですっ!

 青木を成長させたいとあなたが願っているのなら、どうか死なずにがんばってーーー(><)



~~~~~~~~~~~~~~~

 あああああ明日だよ明日だよどうしようどうしようどうしよう(@@;

 久しぶりに、コワイコワイコワイ。
 このところ「どうせ薪さんは大丈夫だし」とか、わりと余裕ぶっこいていたのですが、4月号はどきどきどきどき・・・。

 めでぃあ芸術祭行きたいよー。
 週末、東京行けば良かったね←誰に言ってるんだ。

 行っちゃおうかなー・・・。

 そうだそうだっ、ヒマはあるものではない。作るもんだ!

<<END GAME ACT.9 感想その1 | BLOG TOP | END GAME ACT.8 感想その9>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。