FC2ブログ

いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


END GAME ACT.9 感想その5

  1. 2012/03/29(木) 01:20:03_
  2. END GAME 2012
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
 ここのアップルパイが美味い!

「英国 アフタヌーンティーのお菓子」

 簡単に言うと、これに載っているパイ(の皮)は、フランス菓子風折りパイ生地ではなく、途中までスコーンを作るように、「粉とバターを指でつぶしながら、つぶつぶの砂状にする」というやつです。
 これが、けっこうカリカリのパイ生地になります。
 折りパイだと、二日かかるけど、これは、準備に1時間、1時間冷蔵庫で寝かせて、形をつくって焼くのに1時間。合計3時間で食べられます。日曜日の昼ご飯後から作り始めて、昼寝を挟んで、おやつタイムに食べられる。
 れでーぼーでんなんかのちょっとおいしい「アイスクリーム」を乗っけて。
 ・・・はっきりいって、太る。血糖値にも良くない。

 アップルパイのりんごは、グラニースミスが一番好き。
 でも、りんごの季節はもう終わり。
 冷蔵庫で死にそうになっているりんごを使ったら、この冬のパイは終わり。


 スコーンはもっぱらこっち。
「イギリスはおいしい」文庫版
「イギリスでお茶を」

 炭水化物は血糖値が上昇するんだぞ~~~っ(泣)





 
 





☆「秘密」の中の「秘密」という言葉の定義について

 最初のころは、MRIで見られてしまう人の見てきたもの、その画について「他人に言わなきゃ永遠に知られることはないはずなのに、見られてしまった」(←説明が難しい)という意味を込めて、まさに「秘密」と言っていたような気がする。

 END GAMEになってからは、世間一般用語として「MRIで見ることができる脳内の画」のことを「秘密」という、という意味で使われているような気がする。


 つまり、大の大人が秘密秘密って、ないしょごっこみたいに繰り返していることに違和感があったのだが、「秘密」の世界で「秘密」と言えば、すなわちMRI捜査のことを意味すると思えば納得。しかし、確かに、以前はそのような使い方はされていなかったと思う。

 だって、本来秘密というのは、視覚的なもの以外に心情的なものも含まれるのだから。

 薪さんの脳を見たって、誰も薪さんの気持ちを分かる人はいない。ただ、大統領が見ていた美青年のように、娘のように、「そうなのかな」と「推測する」ことが可能なだけだ。


青薪編その2?

☆「青木、僕を撃て、おまえが」「秘密なんてどうでもいい

 薪さんの命を懸けた訴えを、「どうでもいい」と一蹴した青木(@@;

青木「薪さんの秘密なんかどうでもいいんです」
薪さん「どうでもいい・・・・・・。どうでもいいだと?」
青木「いえ、あれ、そうじゃなくて・・・。あなたの過去や秘密やプライベートなんか何も知らなくても、オレは今のあなたが生きて、いっしょに仕事ができたらそれでいいんです」
薪さん「悩む価値がないと? つまりバカじゃないかと? バカなおまえにバカ呼ばわりされるなんて、要するに僕は大バカ野郎ってことか?」
青木「違います違います。知っているとか知らないとかは問題じゃないんです。全部ひっくるめて残さず食べます、まるごと受け入れます、好き嫌いしませんという意味で・・・」
薪さん「なるほど。まさに、どうでもよさそうだな・・・」
青木「いえ、あの、そういう意味じゃ・・・」
薪さん「鈴木の脳を見たおまえが・・・。鈴木の脳で僕を見たおまえが、僕が苦しんでいることがすべて意味のないことだと言うわけだ」
青木「そうじゃなくて、ああもう、困ったなあ」

 というように「どうでもいい」の使い方には注意が必要である。
 しかも青木は「秘密なんて」と言ったのだ。「なんて」って!

 全く、言葉の使い方には注意が必要だ(@@;


 
☆青木はその後「みんなあなたが好きです」と続けている。
 薪さんがホモなら「好き」に対するテンションは下がっただろう。

☆衝撃度は青木の「好きです」が先なのが一番強い。だが、意味合いはともかく、最初の衝撃が強いということは、後は下がるばっかりということだ。

☆なので、薪さんは青木を抱き返さなかった。この男は所詮、自分とは違う地面に立っているようなものだ。

☆「好きです」
 おまえのために生きてやるわけじゃない。鈴木のためだ~~~←すずまき


☆結論:「好きです」の効用は、あまりの驚愕に度肝を抜かれて、死にたくなるほど辛いことから一瞬にして気持ちを切り替えさせたことにある。
(@▽@



☆滝沢は鈴木と薪さんをどう思っていたのか?

「おまえの大切な鈴木を」

 大切な、大切な、大切な・・・・・・。
 タッキー、まさかの大暴露!?

 滝沢はどういうつもりの「大切な」なのか。「大切」というのも、これまた「好き」と同様、どうとでもとれる言葉だ。
 要するに、言っているほうと聞いているほうの、言葉の意味が同じなのか違うのかが分からない。

 まあ、滝沢のことなので、「大切な鈴木」と言えば、鈴木を友人以上の感情で愛していたのだろう、それを自分は知っていると薪さんに言っていると考えてもよいかもしれない。

 ところが、当の薪さんが全く「大切な鈴木」に反応しておらず、「もう、第九から殉職者は出さない」などと、その感心は鈴木ではなく今目の前にいる滝沢に向かっている。
 わずかでも、鈴木に親友以上に、特に性的な感情を抱いていたなら、「大切な鈴木」という言葉に反応してもよいはずだが、そういうコマはない。ということは、反応しなかったとして描かれていることに間違いはない。

 つまり、薪さんは、鈴木を「大切な親友」として以上には、見ていなかったということで、おそらく、鈴木から薪さんへも同等であると見るのが妥当だろう。

 もっとも、すっとんで考えると、薪さんが今、大切な人は青木だから、と解釈することもできるかもしれないが、いやまあ、それはそうなのだろうけど、でも、簡単に言えば、「薪さんはホモじゃない」と言えるのではなかろうか。

 滝沢がどう思っていたのかは、はっきりしなかったが・・・・・・。


 そうすると、雪子さんの思う二人の関係も、「男同士の友情の範囲」となるのかもしれないが、彼女の場合、以前、薪さんにケンカを売っていたり、薪さんを泣かしたり、男同士の恋愛に抵抗がなさそうな発言をしたりしているので、女の勘が当たっているのか、単なる勘違いなのかは、次号まで分からないか、あるいは永久に分からないのかもしれない。



☆「鈴木さんも、ずっと、ずっと、あなたの事を」
 親友だったのだから、好きに決まっている。それとも、薪さんは鈴木にそんなに好かれていないと思っていてそれを鈴木が知っていて、それを青木が知ったのだろうか?
 それともあるいは、死んでからもずっと好きだと言っているのだろうか? まさかそんなわけはあるまい。


☆「みんなあなたの事を心配しています。みんなあなたが好きです。雪子さんも鈴木さんも。鈴木さんも、ずっと、ずっと、あなたの事を」

 「雪子さんと鈴木さん」は、どの言葉にかかっているのだろうか?
 雪子さんは薪さんをもちろん(色々と)好きだろうが、心配はしていない。鈴木は薪さんのことはもちろん(色々と)好きだったろうが、心配することはできない。
 ?????
 青木は鈴木の脳を見たせいで、やはり多少、自他の記憶が混乱しているのかもしれない。



「あたしが好きだって言ってるんだから、死なないで! 死んじゃだめ!!」
 女の子が言うと、しっくりくる。年齢もぴったり。 いつかどこかで書いたような気がするが、青木はやはり女の子だった(@@;





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お読みいただいてありがとうございました。


<<END GAME ACT.9 感想その6 | BLOG TOP | END GAME ACT.9 感想その4>>

comment

鍵拍手コメントくださったAさま

  1. 2012/04/05(木) 22:48:53 |
  2. URL |
  3. 第九の部下Y
  4. [ 編集 ]
Aさま、こんばんはです。
長らくお待たせいたしまして。

>そうですね、最初の頃は個人的に見られたくない秘密というイメージでしたね。今は政治的に世界にも影響を与えるところまで広がっていますね。

MRI捜査が始まって5年以上にもなり、世の中の認識が変わってきたということでしょうか。なんか違和感あるんですけどね、おっさんが使うと。ヒミツって(@@;


>薪さんは青木に脳を見られることで自分の気持ちに気づいてほしかったのか!?そしたら、大統領の画のように鈴木さんと青木が実際より、ハンサムで輝いていなければ。そして、雪子さんはブス(失礼)になってる?

青木が美形になっていても、第九の先輩は納得してくれることでしょうけど、雪子さんには絶対見せられませんねえ(^^;


>「どうでもいい」には私も引っかかりました。薪さんと青木のやりとりは笑えましたけど(^^;)イプさまの細かい突っ込み、何とも面白いです。

すみません。突っ込んでしまいました。
「どうでもいい」ではなく、「関係ない」とか「必要ない」とか、うっちゃるのではなくて、存在しているが問題にしないというような言葉が良かったんじゃないかなあと。だって青木がひどい男過ぎて・・・。


>青木は女の子(笑)

 実は青木はまっすぐな男の子ではなく、一途な女の子なんです(笑)

 ありがとうございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。