いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


END GAME ACT.9 感想その7

  1. 2012/04/03(火) 23:20:57_
  2. END GAME 2012
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
ぐだぐだの続き
 
 




 どうにもうまくまとまらないのだが。

 つまり、何が気に入らないのかというと、薪さんの身を案じる青木の不安が、「夢」であったこと、見た夢の内容が未来を見通していたことだ。
 

 青木が薪さんについて不安を感じたのは、ただ夢だけだった。
 血まみれの床、向けられた銃口。
 それに、何か薪さんが大変なことになったという言葉が加わり。
 そして、実際に薪さんが行方をくらます。
 更に夢は、誰かを撃ったその死体の横で、自分に銃口を向ける薪さんとなる。

 
 二人の関係は、生々しい現実に基づいているはずなのに、それがここにきて、夢でひとくくりにされてしまっている。
 これを二人の繋がりの強さゆえという考えもできるだろうが、私はとても無理だ。


 さらには、青木の見た夢は、何が元となって見た夢なのか? 

 恐ろしいことがあったり、襲い来る不安にさいなまれて夢を見ることは、普通にあることだ。だが、青木が見たのはお姉さんたちの夢ではなく、薪さんの夢だった。少なくとも夢が鮮明になる前から、それがお姉さんたちでないことは分かっていた。
 では、暗殺者か? それも違う。
 

 あの夢は、いったいどこから来たのだろう?

 最初は、血まみれと銃という内容で、誰かも分からず、青木の回想か、あるいは暗示的な何かと思うことができた。また、鈴木の脳を見た青木ならではの、鈴木が最後に見た薪さんの姿ではないかとも思った。だから血まみれのお姉さんたちを見た後で、そういうヴィジョンが現れることに違和感はなかった。

 その次は、夜泣きした舞ちゃんで目が覚めるまで見ていた夢のようだ。

 最後は「リアルな夢」であり、こちらが私としては大問題である。「どんどん」と段階を踏んでいるので何度目かと思って読み返したが、夢として見たのは、最後だけだ。

 どうやら最初は回想っぽく、次は、夜泣きした舞ちゃんをあやしながら思い出しているが、このところ毎晩のように夢にでてきていたらしい。←ということ?

 (最初に夢を見ていたのは薪さんだった。白昼夢まで見ていた。あれなら夢だ。・・・・・・薪さんの夢はどこへ行ったのだろう? あの夢が現実となって青木の夢に遷移したのだろうか)


 どこから来たのか分からない夢・・・・・・。

 薪さんを追いかけて行った理由が、あの夢が青木に危機を察知させ、いてもたってもいられなかったという、その理由である夢が、なぜ、未来を見通していたのかという、そこが理解できない。理解できないというか、受け付けない。飲み込めない。

 あれは確かに「夢」なのだ。そして、あれはやはり単なるdreamであって、決してvisionとはいえないし、またillusionでもない。

 夢が、抽象的なものであったり、過去の経験から来るものであったり、あるいは、滝沢への邪推が夢となったり、そういう夢なら、それがどんな内容でも納得するだろう。ああ、青木はあのことを、こういうふうに感じた、こういうふうに現れたのだなと。不安要因の原因が分かるからだ。

 だが、あの夢はありえない。
 絶対に。
 薪さんと青木の仲が普通じゃなくても、生きている人間ならありえない。


 薪さんを助けに行くという青木の行動の根本原理が、あの常人なら見るはずのない夢であったということが、とても残念だ。青木なら、夢など見なくても、きっと薪さんを助けに行ったろうに。

 秘密の中のSFは、MRI捜査だけでよかったのに。




 というわけで、青木の夢に関するぐだぐだは、これでおしまい。


~~~~~~~~~~~~

 私は墜落する夢を見るとき、途中で目を覚ますことができない。よく、途中で起きるって言う人が多いようなんだけど。。。
激突して衝撃で身体がびくっとなって、目が覚めます。
 はーはーはー・・・・・・。 

 結局個人的好みの問題だが、青木が薪さんに会う前に薪さんの夢を見た、なんてのは結構許せる。だが、これから起こる事象を予言するのは許せない。
 個人的好みだけどね。




 

<<END GAME ACT.9 感想その8 | BLOG TOP | END GAME ACT.9 感想その6>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/04/04(水) 21:56:12 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントくださったSさま

  1. 2012/04/05(木) 23:37:12 |
  2. URL |
  3. 第九の部下Y
  4. [ 編集 ]
Sさま、こんばんは。

> >清水先生は意味のないことはなさらない。
> >という、半ば「盲信」に基づき、
>
> 私も、不可解な青木の予知夢や言動について考えています。

ふふふふふ・・・。実は、ぐだぐだを捨てたら(捨ててないけど)、一部ですがちょっとすっきりの見通しが立ちましたので、次に書きますね。


> 私も、青木は鈴木さんの脳を見た影響を相当受けていると思います。

でも、見たところ、青木はそのことにいつもいつも悩んでいるわけではないようですよね。だから、コピー猫の話はどこへ行ったのかと、不審に思うのですが、そこが青木の精神の強いところなのかもしれません。

>
> >だが、あの夢はありえない。
> >絶対に。
>
> ですよねえ。
> 鈴木さん、あるいは青木自身が、管区第九の建物内部の完成イメージのようなものを見たことがあると仮定すれば、滝沢への不信感や鈴木さんの最期などと相まって、青木があのような夢を見ても不思議ではないと思うのですが、あれはリアルすぎますよ。

椅子まで同じ・・・(@@
実は、リアルの意味を取り違えていたのかもしれないと、気がついたことを次に書いてみますね!


> >青木なら、夢など見なくても、きっと薪さんを助けに行ったろうに。
>
> ええ、ええ、そうでしょうとも。
>
> ただ、私は、青木が発砲してくる薪さんを抱き締め、「あなたが 赦してあげて下さい」「あなたが (ご自分を 好きになってあげて下さい)」と言って銃を下ろさせることができたのは、鈴木さんの脳(人生)を見ていたからだと思うのです。
>
> 薪さんと仕事をし、雪子と出会い、カニ事件を知り、自分が第九の職員であるがために姉夫婦が犠牲になり、滝沢が現れ……と、鈴木さんや薪さんの過去の繰り返しのようなことを体験するなかで、
> 鈴木さんが、戦友と言っても過言ではない薪さんのためにとった行動の記憶は、
> 折に触れ年若い青木に影響を与え、ついにあのような言動をさせるに至ったと考えます。

そうですね、そうですよね。
あんまり腹を立てていて、忘れていたことを思い出しました。思い出したかったことを言ってくださってありがとうございますっっっ。
鈴木はうまいこと青木と融合したようです。
相性がよくてよかったです(さすが似ている!!)

でもその現れ方が「夢」というのは、やはりいただけない気が・・・。何か他の形はなかったのかと、ぐだぐだ・・・・・・。
それに、そう思ったとき、薪さんはやっぱり青木を気の毒に思うんじゃないかなあと。生きている鈴木と知り合いだったというのならともかく、脳を見たわけですから。
なんとも、うれしいことばかりではありませんね。

>
>  ***
>
> 私も、まだ捕まっていない黒幕がいるのではないかと思います。
> 逆恨みするやからもいそうですし。
> もしまた薪さんが襲われるようなことになったら、青木はもう伸されないでほしいものです。

青木・・・(@@;
ああも簡単にやられてしまうと、この先薪さんと仲良しになっても不安です。薪さんにボディーガードさせてしまいそうで。
一応、次がクライマックスだそうなので、ワルモノの大親分が捕まるでしょう。警視総監ではありませんように!!

コメントありがとうございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。