いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秘密Genesis第2話 感想その1

  1. 2012/12/28(金) 23:01:46_
  2. 「秘密 Genesis」原作感想
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ネタバレ有りです。ご注意ください。
 
 





 どっひぇ~~~っ、鈴木っ、鈴木っ、すずきーーー!!!

 あんたもう、薪さんとの付き合い、この時点でやめといたほうがいいよ。死ぬまでに命がいくつあっても足りないよ。33歳まで生きなくちゃならないのに、何回死にそうになるんだ?
 死なないのは分かってるから読んでいるほうは余裕だけどさ、結構かなり痛いんじゃない!?
 薪さんに惚れてる場合じゃないでしょ!



 それにしても。
 澤村さんはお父さんかもしれないなんて思ったのだが、澤村さんがお父さんだったとは!

 薪さんはママ似かしらとか、まあ、どこか父親に似てるところもあるんだろうなあとか思っていたのだが、実は「父親似ではない」ということだったか。

 P161で、川谷サンと「先生」が、どうも思いっきり話がかみ合ってないようだし。「先生」は薪俊と澤村敏の顔をちゃんと分かっているわけだから、きっと後で困るんだろう。


 で、今いるあの澤村さんは、実はやっぱり薪父なのではないだろうか。

 つまり、10年前の火事の時、死んだのが「薪俊」とされたのは、DNA鑑定か何かで死んだ男性と薪さんとが親子関係にあったと判定されたためだろう。だから、残った人が自動的に澤村敏になったのだ。
 本当の澤村敏が薪さんの父親ならば。
 だが、その後澤村敏になりすましている理由は分からない。多分、薪俊が狙われていたとか、そんなことではないだろうかと思うが、でも、プレミアムに拘っているところが解せない。


 P126で「おまえの両親」というのは薪俊、つまり自分と妻のことだろうか、それとも、澤村と薪母がカップルだったのだろうか。しかし、「薪はもちろん」と言っている「薪」は多分、薪俊から見た澤村のことだ。そして、「1期早く会員になった私」というのは自分、つまり薪俊のことだ。


 「合点がいかぬ」と震える澤村だけ見れば、薪さんの父親ならばどれだけすばらしい人物だったかということが想像できるので、違和感はない。

 では、あれが澤村本人だとしたら、自分の息子(なのだろう、多分)に向かって、「誰より美しい」なんて言うだろうか。「本当に父親(薪俊)によく似てきたな(お世辞)」と「誰より賢い」は言ったとしても。
では、友人薪の息子だというつもりでも、やはり「誰より美しい」は違和感がある。薪父はいいとこ「素敵」だ。

 だから、「本当に父親によく似てきたな」と、「誰より美しい」は、薪俊の澤村敏への思いなのだ。

 薪俊と澤村敏は、薪さんと鈴木(のこれから)のような大親友だったろうに。
父親達は複雑な関係だったようだが、様子を見るところ、ドロドロで見境のない三角関係とかではなく、例えば薪父が子供ができなくて、美貌で天才の親友の子供ならと思ったとか、そういう前向きな話のように思える。


 ああ、でも、そっかー。 美貌の澤村敏は、薪さんを助けようとして力尽きて、死んじゃったのか(;;) 薪さんの父親で同じ顔だと思うと、せつないよ。(じゃあ、岡部さんみたいな顔とか、宇野みたいな顔だったらどうかって? 聞かないでください)


 それにしても「澤村さん」は、どうして鈴木を刺したり(殺そうと?)するのだ。ううむ、合点がいかぬ!!



 そして、薪さんが父親と血の繋がりがないという設定は、7巻のころにはできていたのだろうと思いました。



~~~~~~~~~~
 お読みいただいてありがとうございました。



<<秘密Genesis第2話 感想その2 | BLOG TOP | 秘密Genesis 第1話 感想その3>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。