FC2ブログ

いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原罪ACT2. その2

  1. 2014/10/23(木) 23:40:55_
  2. メロディの感想
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
つづきです。
 
 





【クロイツフェルト・ヤコブ病】
「こいつも発症した」
 病気としては、原因となるたんぱく質の摂取で、それが自分の身体のたんぱく質を変質させていき、脳や神経がどうかする、ということで、細菌とかウイルスとかではない。うつるわけではなく、食べなければかからない。らしい。

 ということは、「こいつも発症した」ということは、発症に至ることを何かやったうえで、発症するまでは何かに利用できる、又はお楽しみなことができるということなのだろうか。狂牛病の牛肉なんてわざわざ生産するのも大変そうだから、注射とか、料理に混ぜるとかするのかなあ。

 どうやら、イリーナやユリアは解体するのにタジクを使っていただけで、別に薪さんが心配していたような人肉食クラブなわけではなさそうである。
 それに、ヤコブ病は、狂牛病だったけれど「腐りかけの肉がうまい」とばかりにヤコブ病の肉を食べていれば、自分が病気になってしまう。そんなものを食べる秘密クラブでもないだろう。
 (健康な人間を食っていた可能性はまだあるけど)

 では、病気のたんぱく質を摂取させた人間をわざわざ作って、発症したら不要だというのは、いったい何をしていたのか。

 あの悪相が薬の開発をしていたとはとても思えないけど、実はプレミアムな親父がヤコブ病になってしまったので、出来の悪い(と思われた)息子が非道をもって新薬の開発をしていた………なんてことはとてもありそうにない。わざわざ病気の人間を作らなくても研究はできるだろうし。
 

【プレミアム】
 さすが、日本を背負って立つ「プレミアム」!
 総監もプレミアムの会員でしたか。 それにつけてもさすが日本。湯呑まで作っているとは。でも、名刺を渡すのもコソコソしていたのに、湯呑丸出しでいいのだろうか!?
 
 ところで、総監は、薪父や澤村より10歳近く若いと思われるが、薪・澤村事件があった頃は大学生でプレミアムに入っているころだし、火災の件も知っているだろう。総監も色々情報を持ってるんだろうなあ、きっと。
 

【手紙】
 うははははは!
 やっぱり読んでなかったのかー(^▽^)
 4ページも使ってるし!
 でもなあ、手紙に書いたことを他人のいるところでしかも急いでいる時に聞くかな、普通? やっぱり読んでいるのかなあ。
 「言葉で言えなきゃ、受け入れる価値のない気持ちだ」ってことかな。青木とは、文通するつもりなんかなくって、「もう帰れ」とか言いながら、向かい合って言葉を交わす関係でいたいっていう意味だといいな。
 最後の微笑がどうしてもわからん。
 

【岡部さん】
「女子ですから、新人ですから」って大汗かいて、うんうん、昨今のセクハラ問題は、それは恐ろしいものがありますからね。疑われたら一生が終わるようなものですから、超気を付けないと。

 岡部さんの、「おい、こら、薪、バカ」が、すっごく愛情深くていいですね!

 岡部さんと全然関係ないけど、例のセクハラ問題でいきなり赤西クンのファンになっちゃったし、ケータイ騒ぎで山下クンのファンになっちゃったよ。


【薪さん】
 私は、薪さんがオヤジと息子のどっちを狙っているのかわけがわかんなくなっているのをとっても心配しております。脳がヤコブ病に侵されてないと良いのですが……。

 タジクに浮気しそうな気配が見え隠れしているところが微妙な雰囲気を感じる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 くうちゃんが、朝から夜までげーげー吐き続けたのですが、水を飲んでも吐くし、何も飲まなくても吐くようになってしまい、散歩に行くのも嫌がるようになってうつらうつらしながらぐらぐら揺れてるしすっかり元気がなくなってしまったので病院へ行きました。
 初日は超音波に血液検査に尿検査に点滴1リットルに注射2本、下痢がなかったのと、ドングリを吐いていたこと、吐いた物が便臭いため異物が腸に詰まっているのではないかという疑いがあり、その日は絶食。次の日は朝からバリウムを飲んでレントゲンとなりました。
 その結果、胃腸に何か異物があるということはなく、また点滴1リットルに注射1本、血液検査で感染があったため薬が朝5錠、夜7錠、胃腸に優しいドッグフードのサンプル品を処方されました。(下痢がなかったのは出口付近のウンチが硬かったせいらしく、その後バリウム下痢を1度した後は徐々に治りました)
 犬の点滴ってすごいんですよ。ぽったんぽったんでも、ぽたぽたでもなく、だーっと繋がってて、1リットル10分以内に終わっちゃうの。背中に溜めるように入れるんですね。うちのニブちんもさすがに違和感を感じていたようです。そもそも具合が悪いのに1キロも背負うんだから・・・・・・(@@;  

 で、胃腸のほうはそれで快方に向かったのですが、レントゲンを撮ったら膀胱に結石が出来ておりまして……。
 くうちゃんが、結石!?
 今までずーっと健康で、せいぜい、歯磨きが不十分で歯石がひどくなってきたくらいだったのに。 夏の間、冷房をかけてやっていたけど、あんまり水を飲んでいなかったのが良くなかったようです。(ただ、暑いと水を飲み過ぎて下痢するんだよな)
 2mmから最大4mm程度の石が10個くらい。 ぎょええ。
 結石にも種類があるのですが、どうやら溶けない方の石の可能性が高く、とりあえず石を大きくしない処方のお高いエサを1ヶ月やって様子を見ることになりました。

 このエサが、お金持ちの人しか買わないエサ並みに高くってさ!!! 病院で売っているのですが、ネットで安いところを見つけましたよ、ええ。
 で、このエサでも溶けはしないらしいですが、水分摂取量を増やすために塩分が多めのエサらしく、まあ人間の結石も同じですよね、せっせと走らせて、がばがば水分とらせて、石を排出するべくがんばってもらっております。 心配なのは、オス犬の尿道の出口付近というのは骨があるそうで、結石が膀胱から尿道へ流れ出た場合、メスなら出る大きさの石がオスだと詰まってしまうらしいのですね。それでも尿道の隙間から排尿できれば、まあまあなのですが、大きかったり何個も重なったりで完全に詰まってしまうと緊急手術かお陀仏か、ということになるようです。オスの尿道は一番狭いところで1~3mmらしいので、大きいのは詰まりそうなのが目下最大の心配ごと。小さいのから出てくれればいいけど、大きいのが先に詰まると、どんどん詰まってしまう。

 色々調べたらハーブ系のサプリやお茶に溶けない結石を崩壊させるようなのがあるようなので、後はそういうのを活用して、死ぬまで詰まらせないでがんばってもらおうかな、と。人間には効くらしいし、効果のあった犬もいるようなので、うちの犬にも効くといいなあ。
 
 中大型犬で、冬には10歳を迎える老犬なので、全身麻酔の手術も微妙だし、なんといっても手術費用が「そーですねー。手術後の入院も含めて、うーん、20万はいかないと思います」だそうで……(@@;
 レントゲンも、大型犬割増料金がすごくて、今回の検査やらエサやらで諭吉様が列をなして飛んでいきました~~~。 小さいうちに分かって良かったと思うことにしております(泣)。

 薬を飲んだらものすごく若返っちゃって。数週間、具合が悪かったようです。
 くうちゃん、ピンピンコロリを目指そうね!


20130505_kuu.jpg

去年春のくう
この年の夏から、急に老いてきたなあ。





<<原罪ACT3 その1 | BLOG TOP | 原罪ACT2. その1>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。