FC2ブログ

いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原罪ACT3 その1

  1. 2014/12/25(木) 00:14:19_
  2. メロディの感想
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
クリスマスおめでとう!
最近、毎回言い訳をしているので、言い訳は省略して、実写化ともうすぐ2月号発売を記念して(?)12月号の感想です。
 
 




タジク、話は分かった。だが、他所でやれ!と思った。

ああっっっ、薪さんは、またっ、新人の女子にあんなことを一人でやらせてっっっ!!!
うしろからガッツンやられて、今度は脳も頭も身体も残らずディナーになっちゃったらどーすんの!!!
というわけで、なかなか、薪さんより一枚上手な感じがグッジョブです。その調子でがんばって。

今更、青木が「未だに未熟」であると強調することもあるまいに。まさかのまともな展開に驚いた。もっと違う意図があると思って、つい深読みしてしまうのに、こんな普通のことだったなんて。肝心な時に最悪に役立たずとは、青木もかわいそーに。

そして、相変わらず、バカ息子のやっていることが不明だ。これは次号を読まないと分からないけど、次号はお食事会になってしまいそうなのに、どこにバカ息子の出る幕があるのだろうか?
オヤジのほうはお食事会に出るようだが。しかも大統領のお近くで。
オヤジ氏はカザフスタン関係で縁があるということで、しかも原発関係なので、それでタジクの復讐(かどうかよく分からんが)の対象になってしまった、のだろうか。
タジクよ。自分の国で自国の関係者だけ狙ってくれませんかね。はっきりいって、にんじんに釣られるほうが悪い。いくら日本が料理人の氏素性にうるさくないからといって、そんな治安の良さにつけこむなんて。それとも、カザフじゃ自分の料理に金を払ってくれる人がいないとか、自分専用の冷蔵庫なんて手に入れられないとか、色々実行上の不都合があるのかしらん。
料理人として日本に来て、サラを使って川谷親子に取り入って、・・・って、復讐計画が迂遠すぎる気がする。サラが先に日本に来たから、後から追って日本に来たのかな?

というわけで、オヤジ氏の仕事関係とタジクの恨みは、割と関係ありそうな感じがするのだが、謎のバカ息子の関係が謎のまま。

・・・・・・あのまま、タジクの冷蔵庫が分からないまま、お料理になって出てきちゃったら、どーしよーーー!!!
おええ。
(でもなんで人間なの? 狂牛病ウイルスなら、人間じゃなくてシャーレで培養すればいいじゃないよ。)



あぎゃーーーー!!!
薪さんの顔に傷が、傷が、傷があああ!!!
薪さんだって、もうアラフォー。
いくら見た目が若く立って、自己治癒力だって衰えてきてるんですよ!!!
(私は今年45になったら急に、蚊に食われた後とかニキビちゃんの治りが遅くなったよ。ぎゃひん)


と、ここらへんまで書いて放置している間に、テレビでジビエをやっておりました。若手の立ち上げたジビエ肉供給会社では、どうやら解体調理方面で雇用されると、狩猟免許の取得が義務づけられ、なんと、「山で採ってきてレストランに卸すまで」一括で請け負うことで、値段の高い野性料理(野生のくせに高いというのがそもそも矛盾なのだ)をリーズナブルに提供できる云々ということでした。契約ハンターのおじさんもいて、「子鹿、入り次第」の注文に山へ入って一発必殺脳天的中で子鹿ちゃんを仕留めていました。

鹿はまあいいよね。増えすぎても食べればいいからさ。
まずいのは猪だ。猪ももう少し美味しくなればいいのに。美味しくないくせに畑を荒らすし、突進してくるし破壊力大きいし、困ったものだ。
そうだ。タジクがおいしく調理すべきは、人間ではなく、猪だ!



ついでに、実写化の話を少し考えてみました。
いくつか、着眼点があると思うが、はっきり言ってアニメの時は「人の脳を見るのが興味深い」というのがポイントだったような気がする。(だったら、純粋に捜査に邁進して仕事のためなら女装も厭わない刑事モノに徹すればよかったのに、ぐだぐだしやがって。ああ、また色々面白かったことを思い出してしまった)

1.どの話をやるのか?
 薪さんと青木の出会い、青木新人時代の事件、その後の事件、第九時代のオリジナル事件、薪所長のオリジナル事件、と色々。「るろ剣」の監督が~と宣伝しているからには、完全オリジナルはないかなという気もするが、何せ監督のことを知らないし調べる気もないし・・・。

2.問題点
 多すぎ。
2-1配役
最大の問題は、全国の過剰な秘密ファンじゃない普通の人まで心配している薪さんの配役だ。私は、薪さんの顔とスタイルは、50%でしょうがないと思う。女顔の人って別に美形ってわけじゃないことが多いし。演技に重点を置いて採用してくれたほうがいい。
 次の問題は青木の配役だ。一般的に、背の高い鈴木系はいると思うが、青木は難しいだろう。青木の顔は190センチの顔じゃない。でも、青木はごっつい顔にしてしまうと、話が変わってしまう恐れが薪さんよりも大きいと思う。うーん、青木のほうが問題だぞ。
 今井は、誰でもいい(笑)が、今井はクールなキャリアでも嫌みな奴というキャラではないから、そこは品良くお願いします。
 岡部さんも同じく。薪さんが可憐じゃなかったら岡部さんがごっつい理由がないから。
 ジャニーズが出たかったら、宇野、小池、曽我で出ていいよ。
2-2話のポイント
 純粋に、「鈴木が自分を殺したくなった」と思い込んでいた2001をやるのが、心情的に解釈しやくすくて失敗がないと思う。
 薪さんホモ疑惑になってからの心理を採用するのは絶対に「監督の解釈、脚本の解釈」になるから、やめてもらいたい。
 話のモチーフとして後半の事件(ウイルス事件とか)を採用するにしても、事件に徹するようにしたほうがよいだろう。
2-3女性
 ほら、必ず女性を出さないといけないでしょ、映画の場合。でも、雪子さんを出すと、絶対各話がまぜこぜになるか、ウイルス事件以降になる。話としては貝沼事件が一番まとまりやすいと思うが、これに雪子さんをどう出すのか、出した上で三角関係にしないで済ませられるか? それとも薪さん×鈴木にするのか!? これを映画でやったら、ただの「薪さんはホモだった」映画になるだけだから、絶対やめたほうがいいと思う。
 では、天地は? 天地の話はいいね。「いい映画」になると思うよ。
2-4ホモ疑惑
 これって、私は薪さんはストレート派(?)なのだが、薪さん青木両思い派の人って、これを映画に取り扱ってほしいと思うものなのだろうか? 私は、両思い派の人こそ、その人だけの「薪さん」と「青木」(あるいは鈴木でも)であって、商売人の映画監督なんかに固定化された薪さん×青木を作られるのは迷惑もいいとこだと思うのではないかと思うのだが。原作を逸脱しない、怪しいところで踏みとどまるのが、希望。
要するに、薪さんの機微な心情を取り扱うのはやめておいたほうがよいということだ!!! しっくりしない終わり方の話ってあるし嫌いじゃないが、「MRI捜査の鬼はホモだった」みたいなのはまずいぞ、絶対に。カミングアウトとか言うらしいが、呼んでないのに勝手に言われても、それが聞かされた側になんの関係があるというのだ。
3.MRI捜査の科学的根拠
 マンガよりもうちょっと設定が細かくないと。
4.場所
 それで、結局、第九はどこにあるのですか?
5.歌はラルクで決まり! 他の選択肢はないでしょう、やっぱり。

 とりえあえず、こんなところで。

お読みいただいてありがとうございました。

<<年末の雑談その1 | BLOG TOP | 原罪ACT2. その2>>

comment

需要なさそうなのに

  1. 2015/05/06(水) 19:32:48 |
  2. URL |
  3. ゆけ
  4. [ 編集 ]
ついに発表になりましたね、キャスト!

ぐぬぬ。
生田斗真さんも岡田将生さんも、男前で、いい役者さんなのに、叩かれるでしょうねー。かわいそうに。特に薪さん(笑)

わたしも、おーい、おい、おい!と思いましたもんねー。申し訳ないですけど。
まぁ、叩かないですけども。
制作陣に、なにしてくれとんじゃワレー!!と、言いたい気持ちは山盛りです。

生田斗真が、あの健康体が倒れるか?っちゅー話なわけですよ。

いっそ、アメリカかなんかで制作して、全員外国人でやってほしいぐらいです私。
眉目秀麗な役者も、190㎝も、まーーだ探しやすいんじゃないかとおもうんですよねー。
設定が壊れてもいいから、世界観を壊さないでほしい私でした…。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。