FC2ブログ

いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


可視光線 ACT.1

  1. 2015/08/30(日) 15:24:03_
  2. メロディの感想
  3. _ tb:0
  4. _ comment:5
あらら。
原罪最終回の感想を書かないでしまった。

というわけで、
スポット的には色々面白かったんだけど、個人的なつながりが土台で、あれだけのことをして、ああいう結末を迎えるというのが、タジクの思考が思ったより幼かったというか、結局それでも「日本」という環境がタジクを守ってくれるところが、ちょっと・・・・・・。

甘すぎた。

まあ、なんつーか、何かのつてで沙羅が日本にいることが分かってタジクも日本に来たのだろうけど、日本で犯罪を犯すなよ、外国人。
タジク、刑務所でメシ食ってないで、田舎に帰って働きやがれ。そのメシは日本国民の税金だ!

と、薪さんに言ってもらいたいけど、未来の日本もまだ、犯罪を犯した外国人は国外退去入国禁止じゃなくて日本の刑務所に入れているらしいですね。

まあでも、最後は、薪さんて、こういうところが甘いんだよなっていうところが、つまり薪さんて心の一番深いところの優しさを再確認できて良かったです。


では以下、今月号のネタバレ感想です。

あ、その前に。
金曜日は本屋に行くことができなくて、昨日行ったんですが、まず、何か間違えたかなと意味もなく思いました。そして、メロディをレジに持って行くのを躊躇しました。でも、付録がほしいからがんばった。でもいつも付録ほしいときは2冊買うんだけど、2冊レジに持って行かれなかった。ヘタレ・・・・・・。

な、なにあの表紙?
ビビった。

そして、相変わらず、ひどいネクタイ・・・・・・(@@;


 
 



で、可視光線 ACT.1の感想です。

あ、こっちのネクタイはOK(^^)v
じゃなくて。
すてきなイラストです~♪ 
久しぶりにハイドさんに戻ったのかとも思いましたが、生田氏を混ぜているような気もします。

いつも無視加減がひどい青木のことを先に書いておこう。
イラストの青木はどうでもいいけど、本編の青木の髪型、良くなりました。右からみても左からみても七三に見える不思議な髪型ですが(ということは変わってないということだが)、前より自然な感じがするし、中堅になってきた感じがします。
あとの人たちはモブ化してる気がするけど・・・・・・(@@;



さて。
めずらしく(?)周辺事情がオープンにされて始まりました。

桜木部長の生殖上の父親は死刑囚の永江・・・・・・ってことで、どうやらその暗視スコープ眼を持っているようだ。青木の発表を聞いて気分というか機嫌が悪くなった原因に、そのうち薪さんも気がつくのだろう。

これまで、薪さんに面と向かって無礼を働くやつは上にも下にもいなかったのに、同期をネタにあからさまに執着する人物、初登場。

そして、なんと、ついに薪さんに見合い話が!?
と思ったら、最悪の女難という結末だったとは・・・・・・(@@;

薪さん、初めての女難?
それとも、雪子さんも入れたら二人目?
(いや、原作では取り上げてもらえないけど、実は日常的に女難の連続かもしれない。入れ替わり立ち替わり見合い写真を持ち込まれていそうだ)

それなのに、女難の末に、相手が殺されちゃうわけですか!?
しかも、多分薪さん自身は大迷惑なところで!!

彼女も、嫁き遅れたところに薪さんに一目惚れして、その薪さんが案外近くにいるのに、不細工なオッサンと結婚しなくちゃならなくなりそうだったところが、銃で眉間を撃たれて死ぬことになるとは、なんというか、青木の姉さんと同じくらいのレベルの無念です。
多分暗視スコープ眼が原因となって知らずに撃ってしまっただろう桜木も気の毒ですが。

しかし、初回では可愛く一目惚れしていた黒谷嬢も、桜木と結婚させられるくらいならと薪さんに対して工作しないとも限らない。
多分、これが20代前半の女性だったら、年上の男性に捨て身のアタックを食らわせるだろうけど、30代も半ばなら、玉砕して桜木と結婚することになってもなるべく自分に傷がつかないように策を弄するのではないだろうか。
あれこれ小細工に関わっていたのが、カツラのカメラ男なんだろう。

薪さんに執着し、薪さんに勝とうとして自滅した男と、薪さんに惚れて、薪さんを手に入れようとして自滅した女。
両方とも、薪さんに囚われた人間で、形を変えた貝沼とも言えるし、人を貝沼にしてしまう薪さんとも思える。今回は、そういう話になるのかな。

薪さんに勝とうとして自滅した男は、それはケンカを売って勝てなかった結末なのだからどうでもいいが、女性のほうは問題だ。
結局、薪さんに関わって殺された人間で、薪さんに惚れたから死ぬことになってしまった女性ってことになってしまう。


可哀相すぎる!!





薪さんが!!!





岡部さん、「あれ、ま」みたいな顔してる場合じゃないですよ!!!
(てか、手紙どーした)

薪さん、最終回で波多野に癒されてくれてもいいよ。
(波多野は貴重な存在だ)



あと、今井、結婚おめでとう!!
(曽我は多分指輪をしていないだけだ~と思う)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お読みいただいてありがとうございました。


しつこいけど、映画ネタをもうひとつ。

栗山雪子「あなたが誰より大切に思う人は、いつもあなたじゃなくて私を見るのよ」
生田剛「・・・・・・・・・・・・?」

うん、この台詞は使えねーな。
薪さんの相手が男でも女でも使えない。



<<可視光線 ACT.2 | BLOG TOP | あ、あれが鈴木の女?  >>

comment

  1. 2015/09/05(土) 23:09:44 |
  2. URL |
  3. しづ
  4. [ 編集 ]
イプさま、どーもー。

>あれこれ小細工に関わっていたのが、カツラのカメラ男なんだろう。

そうなの?
あの人って普通に由花里さんのストーカーなんじゃないの?(普通にストーカーって日本語おかしい)
ストーカー男が由花里さんを誘拐して、桜木さんはストーカーを撃ったつもりが人質を撃っちゃったのかと思ってた。
あ、でもそれでは、黒髪のカツラと、ストーカーしてた男がすでに死んでるっぽいのがおかしくなるか。

まだ分からないけど、今度の話は面白そうですねえ!
わたしの好みなんですよね、こういうの。警察内部のことも色々出てきそうだし。
すでに10月が待ち遠しいです♪

しづさま

  1. 2015/09/24(木) 00:04:24 |
  2. URL |
  3. 第九の部下Y
  4. [ 編集 ]
しづさん、どーもー。お元気ですか~?

> イプさま、どーもー。
>
> >あれこれ小細工に関わっていたのが、カツラのカメラ男なんだろう。
>
> そうなの?

え、知りませんよ、そんなの(笑)。


> あの人って普通に由花里さんのストーカーなんじゃないの?(普通にストーカーって日本語おかしい)
> ストーカー男が由花里さんを誘拐して、桜木さんはストーカーを撃ったつもりが人質を撃っちゃったのかと思ってた。

あ、由花里のストーカーだったんですか?
わたしゃてっきり、桜木を追っているヤツかと。出生の秘密をネタにして、出世したけりゃ金寄越せとか。(なんでハーハー言ってるんでしょうね。)

だって、若い男(若く見えたけど)だから、30半ばのオバサンだし、今まで黒い噂も浮いた話もなさそうなお嬢様みたいだし、つまり弱みはなさそうなので、思いもしませんでした。

とりあえず、銃声は2発ですが、2発で二人撃ったのなら、桜木の腕はすごいですね←本筋と違う。

> あ、でもそれでは、黒髪のカツラと、ストーカーしてた男がすでに死んでるっぽいのがおかしくなるか。

お嬢様のくせに、夜中にあんなとこ(ってどこ?)にいるなんて、なんとしても薪さんに乗り換えるために、うまい口車に乗ったのかなって思ったわけなのです。


>
> まだ分からないけど、今度の話は面白そうですねえ!
> わたしの好みなんですよね、こういうの。警察内部のことも色々出てきそうだし。
> すでに10月が待ち遠しいです♪

私も続きが楽しみです。
薪さんが死ぬかと心配することもないし、もういい年なんだから、たまにはドロドロの人間関係に巻き込まれるのも・・・・・・って、いつもか、あの人は!

ありがとございました。

あっははははは!

  1. 2015/09/28(月) 19:52:55 |
  2. URL |
  3. ゆけ
  4. [ 編集 ]
あいかわらずキレッキレですねえ〜!楽しい。
Yさんのマシンガン記事ほんとおもしろくて、体調がよくないというのがうそみたいです(笑)
大丈夫ですか?
あ、先日はすみませんでした。

本編終わって、少しだけ燃え尽き症候群気味で(少しですよ)、ジェネシスだけメロディで読んだのですが、また単行本に戻ってしまい、ネタバレ避けてたのでお久しぶりでございます。
(そしてまたメロディを買うことになりました)

そう!薪さんが死ぬ心配がないので、わりかしラクショーなんですよ!
ひどい奴(笑)。でも嬉しいです。
これ以上追い詰められたら薪さんもう死んじゃうんじゃないかって、こっちが死にそうな思いだったのがウソみたいで(笑)。ウソだったのかな…。

なんかつきものが落ちたのだそうで、ノリノリの薪さんが頼もしすぎます。
次回が楽しみですね。でもあの人はまた心を痛めるのだろう…。がんばれ薪さんっ。
またお邪魔します。失礼します。

(あの名ゼリフは期待できませんね(笑)。アニメのようなどこの薪さんだ!になりませんように…)


鍵拍手コメのAさま

  1. 2015/10/24(土) 20:02:25 |
  2. URL |
  3. 第九の部下Y
  4. [ 編集 ]
ぎょええ。
また次の発売日になっちゃった部下Yです。すみません(汗)
ご無沙汰しております。

>青木はなんか老けて見えたし薪さんは私もハイドさんぽいなあと思いました。

青木、老け・・・(笑) 薪さんはまあ実はしょっちゅう顔が変化しているとも言えますね。

>桜木は同期で年上といっても何であんなに薪さんに態度がでかいのか。部長だから?

薪さんに、というより、あれはきっと誰にでもああなんですよ。それで薪さんには「おめーのことを特別扱いするつもりはねーんだよ」ということで5割増しになってるんじゃないでしょうか。

>青木はそのことを知るのか?

え!?
青木が、薪さんがレ○○で生まれたということを知るんですか!? それはちょっとなんか、薪さんの立場からすると二度と青木に会いたくない感じになっちゃうのではないでしょうか? 
ひえーどうなるんだろう!!!

>由花里が実はあの長髪のストーカーぽい男と共謀していた?それは思いつきませんでした。

それは口から出任せですぞ。
でも、ストーカーなんて、私は1ミリも思わなくて。だって、相手は若そうだし、お嬢さん、結構トシなんですもの。どっちかというとネタ探しのフリーライター系かなと。

続きが楽しみですね。
それにしても、曽我のほうはどうなったんでしょうかねえ。

手紙のことも、すごく心配です(@@;
こめんとありがとうございました。

ゆけさま

  1. 2015/10/27(火) 21:20:05 |
  2. URL |
  3. 第九の部下Y
  4. [ 編集 ]
ゆけさま
発売日前日にすみません。

生きてまーす!

>
> 本編終わって、少しだけ燃え尽き症候群気味で(少しですよ)、ジェネシスだけメロディで読んだのですが、また単行本に戻ってしまい、ネタバレ避けてたのでお久しぶりでございます。
> (そしてまたメロディを買うことになりました)

おお!
私も秘密になる前は、単行本派でしたよ。だって、雑誌を買うか、マンガを買うか、ですよね。

>
> そう!薪さんが死ぬ心配がないので、わりかしラクショーなんですよ!
> ひどい奴(笑)。でも嬉しいです。
> これ以上追い詰められたら薪さんもう死んじゃうんじゃないかって、こっちが死にそうな思いだったのがウソみたいで(笑)。ウソだったのかな…。

ええ、ほんとに、薪さんも青木のためなら死にそうですが、女のために死ぬとはとても思えませんので、気分はラクショーでございます。たまにはゲロゲロな女性問題も、笑わかしてくれそうで、巻き込まれてしまえーーーという気分です。(笑)


>
> なんかつきものが落ちたのだそうで、ノリノリの薪さんが頼もしすぎます。
> 次回が楽しみですね。でもあの人はまた心を痛めるのだろう…。がんばれ薪さんっ。

ノリノリで真っ逆さまですね~。
でも、今まで女性問題に巻き込まれていないというのが、嘘みたいで。案外、殺されるまでは心も痛んでないだろうなという気もします。「またか」みたいな。

次号楽しみです。
明日ですよ~~~。


> またお邪魔します。失礼します。
>
> (あの名ゼリフは期待できませんね(笑)。アニメのようなどこの薪さんだ!になりませんように…)

うははは!
改良後の薪さんはすごく好みだったんですけどね!

ではまた。
ありがとうございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。