FC2ブログ

いつもあなたを守ってる


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


可視光線 ACT.4 感想その1

  1. 2016/02/29(月) 01:13:45_
  2. メロディの感想
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
たまにはまじめにすぐ書くのだ。
 
 




 可視光線はこれで終わったのでしょうか? 
 なんかその、かなり不完全燃焼な気持ちが。

 結局、何ですか、関口父は犯人だったんですかい!!

 黒谷嬢、あんた、何のために死んじゃったの???

 前号で、鈴木のことを言われたとき、私は薪さんは怒ったと思ったのだが、実は真逆で、(いや、一瞬怒ったとは思うのだが)、桜木と同類だという認識にずどーんと転落していたのですね。
 何故そこまで桜木に寄り添いたがるのか、というか、囚われるのか、その動機というか引っかかりポイントが分からん。
 関口息子に同情しつつ桜木にも同情する。その一方で、黒谷嬢の不運な死に対する心は全く感じられない。
 
 何故、といえば、薪さんの母親、家族への想い、思い出が根底にあるということなのだろうか?
 
 まあ桜木の、見えない方がよく見えるというのは、桜木の警察官という職務に対する真心の元の心の目、だったのだろう。 
 
 そして、スピンオフのテーマは、例の手紙の「家族」のようだ。

 ところで、編み物をする部下Yですが、そいつは「編み込み」ではありません。編み込みというのは、複数の色糸を交互に編み合わせて色による模様を作るやつで、裏目や交差目等、編み目を変えて模様をつくるやつは、広義には模様編みという。
 あああ~~~ずっこけた。
 サーモンピンクなんてどーでもいいよ!


 ~~~~~~~~~~~~~~~
お読みいただいてありがとうございました。

私、よく知らないんですけど、青木家のあのお仏壇はどういうことになってるんでしょうか? 

<<season 0 特別編 感想その1 | BLOG TOP | 可視光線 ACT.3 感想その2>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

第九の部下Y

Author:第九の部下Y
部下Y(イプシロン)。清水玲子先生の「秘密-トップ・シークレット-」を愛するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Designed by U-BOX


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。